PC専門店 TRYINGLESS 【トリングレス】

「PC内部のデータを消す」とは - データは簡単には消えません

 「PC内部のデータを消去する」といえば、多くの場合、以下の状況を想像すると思われます。

  • あるデータを「ごみ箱」へ入れる
  • データの入った「ごみ箱」を「空にする」
  • あるデータを選択して、【Shift】キーを押しながら【Delete】キーを押す(=「完全に削除」する)

 PCについてある程度の知識をお持ちの方であれば、

  • HDD等を「フォーマット」する

 という選択肢も挙げられることと思われます。
 しかしこれらの方法では、データはPC内部に残ったままなのです。

 PCでデータを保存する際には、実際のデータを保存すると同時に、 「どのデータがどこに保存されているか」といった、「データについてのデータ」> も同時に保存されています(「管理データ」といいます)。
 紙のノートに情報をまとめる際に、「Xページに【 ~ 】について書いた」と、 「目次」も一緒に作っているようなものです。

 そして、冒頭の「ごみ箱を空にする」や「フォーマット」などで行われることというのは、 実はこの「データについてのデータ」、すなわち「管理データ」を消しているに過ぎないのです。
 管理データが削除されると、その管理データの所轄していたスペース分のデータは、 「消去されたとみなされる」のです。しかしあくまで、みなされているだけなので、 この段階ではまだ実際のデータはPC内に残されているのです。
 「本当はまだデータが残っているけれど、次に何かのデータを保存したいときには、 このスペースを使ってもいいよ」という状態です。

 このスペースに新たなデータが書き込まれて初めて、元々のデータが「消えた」ことになるのです。
 逆にいえば、このスペースに何らかのデータが書き込まれるまでは、 元のデータはいつまでも残ったままということになるのです。 「誤って削除してしまったデータを復旧する」ということが可能な理由はここにあります。
 ただ、裏を返せば、「意図しないところでデータが復元されてしまう」こともありうるわけです。

 そのため、PCを処分したり譲ったり、あるいは買取サービスに出す場合には、 安全のために確実にデータを消去しなければなりません。
 しかし、単にデータをごみ箱に入れたり、ごみ箱を空にしたり、 HDDをフォーマットしたりしただけでは不十分である、ということになります。

 「そんな大したことにPCを使っていないから…大丈夫でしょ?」 とおっしゃる方が後を絶ちません。しかしたとえば、

  • PCでネットショッピングをしたことがある
  • PCで知り合いとメールをしたことがある
  • PCで町内会やPTAなどの名簿の類を作成したことがある

そんな場合…

  • もしPCの中にクレジットカード情報や銀行口座情報が残っていたら…
  • もしPCの中に自分や知り合いのメールアドレスが残っていたら…
  • もしPCの中に名簿が残っていたら…

 それらが漏えいしてしまう危険性をはらんでいるのです。
 自身の情報のみにとどまらず、他の人の情報まで漏れ出てしまう恐れがあるのです。
 あなたはPCのデータについて、そこまで考えたことがありますか…?
 一見何でもないようなデータであっても、私たちには想像もつかない形で、 データは悪用されかねないのです。

 PCのデータはたとえ個人用のPCであっても、確実に消去されなければなりません。
 自信がなければ、必ず専門店へご相談ください。

お役立情報

修理・設定事例や各種情報などを随時掲載

TRYINGLESS TOPICS

 上記アイコンをクリックまたはタップでトピックページへ移動します。

お客様のPC、ウイルス対策は万全ですか?

ウイルス対策が適切になされていないPCでインターネットを利用するのは、 すり減ったタイヤをはいた自動車で雪道を無灯火運転するようなものです。
店頭でも設定をお承りできますので、お気軽にご相談下さい。

マカフィー・ストア

【 広告 】

トップへ戻る